先輩社員の声

Message from senior

東京支店技術部設計課

神山 裕

東海大学工学部建築学科卒/
2015年入社

1つの物件を終えるごとに、
成長を感じることが
できる仕事です。
  • 設計課の主な業務は、建物に必要不可欠な空調・衛生設備の設計・積算になります。積算では、施工前に設備工事としてどのくらい工事コストがかかるのかを算出していく業務です。工事コストが高すぎては受注できず、安すぎては施工する事ができない為、適正なコストとなるように算出します。
    また私の所属する東京支店設計課では、設計・積算の他に改修工事の計画も行います。建物の完成時の図面等の資料を持ち、実際に現場に足を運んで調査・打合せを行い、改修計画・工事コストの算出を行います。
    これまで私は事務所ビルやホテル等様々な用途・規模の積算業務を行いました。一つの物件を終えるごとに成長を感じることができ、実際に積算を行った建物が建つ事にやりがいを感じます。また、先輩・上司方のフォローもありますが、担当者として1つの物件を最後までやり遂げた時の達成感は、今でも忘れられません。その達成感こそがこの仕事の魅力の一つです。

横浜支店技術部工事課

堀井 章弘

神奈川大学工学部建築学科/
2011年入社

関わった人の分だけ
技術的、人間的に
成長を感じます。
  • 私が所属している工事課は、設計図を基にお客様の要望を取り入れ、品質、安全、原価、工程を管理しながらカタチにしていくことが仕事です。建物を造る過程では、本当に多くの人たちとの関わりがあります。職人さんや同じ現場監督、お客様など、それぞれ立場や考え方が違う人たちと関わります。すべてが円滑に進むとは限らず、なかなか解決できないこともあります。
    そんな中でいろいろ資料を作りながら、説明し理解してもらいます。皆、私より年配の方が多く、経験も豊富なため、言葉使いや中途半端な知識で話をしないように気を付けています。そこで自分の意見が認められた時の喜びは、この仕事のやりがいの一つです。
    この仕事は周りの人から教えられることが非常に多く、関わった人の分だけ、技術的、人間的に成長を感じます。
    辛いこともありますが、それを一つひとつ乗り越えていくこともこの仕事の醍醐味です。